全てが始まった場所

全てが始まった場所、サンクリストバルの暗い日々

Dark Days in San Cristóbal, Where It All Started
2014年2月20日 Emiliana Duarte @emiduarte

ベネズエラのどこよりもひどく最近の暴力が襲いかかったのがサンクリストバルだ。アンデス山脈の北側に位置する人口65万人の街。現在の抗議デモの発作は18日前にここで始まった。

昨夜、政府は街全体のインターネット接続をシャットダウンした。このことがサンクリストバルから出たYouTubeのビデオがこれほどまでに少ない理由を説明している。インターネット統制は街の人々が直面するであろうことについての深刻な懸念を引き起こした。だから今日、私たちはその話を聞くためにサンクリストバルにコンタクトをとった。

どのようにして始まったか:性的暴行に抗議する

サンクリストバルは大学街で、3つの大きな大学(UNET、ULA、UCAT)がある。一年以上も州政府に対してキャンパスにはびこってい犯罪を抑制するための安全対策の改善を求めていた末の2月2日、ULAのタチラキャンパスの新入生が性的暴行を受けた。

このレイプ未遂事件によって、学生と市民グループが正義を要求し路上に繰り出し、地元の抗議運動の波が起こった。政府の反応は始めから高圧的だった。5人の学生が抗議に参加した後で勾留され、何百マイルも離れたコロの刑務所に送られたことで、人々はさらに怒りをかきたてられた。他の大学の学生も抗議運動に加わり、最初の5人の釈放を要求したが、結果的には彼らが逆に鎮圧される立場になっただけだった。

18日間で、そのひサンクリストバルにおける一つの抗議運動は雪だるま式に今日目にしている国全体の混乱へと発展した。

インターネット統制

何千人もの国家警備隊の兵士達が昨夜12:40頃サンクリストバルに送られた。そして午前1:00、インターネット接続が街全体とその周辺エリアでしばらくの間シャットダウンされた。それから夜ごと行われる戦闘が開始した。武装していない若者たちは国家警備隊とその民兵のお供の両方に対峙した。— ばかげたほどに互角でない闘いにおいて、抗議する権利を訴える人々はグロテスクなほどに不均衡な軍事力をもって制圧しようとする政府にファシストに呼ばれている。

私たちの情報源によれば、サンクリストバルは厳然としたルーチンを設定している。毎日、おそらく3分の1ほどの商店だけが朝のうちに店を開け、正午までにはどこも実質的に閉店している。この時間頃になると、地域の住民(学生だけでなくあらゆる年齢の人々)が家の近所に集まり、路上をタイヤとゴミで閉鎖し始める。日暮れには、若者が残りそれぞれの持ち場につく。そしてすぐ発砲したがる政府側が、その場しのぎのバリケードを解体するために深刻な暴力を解き放つ時は、グアリンバスguarimbas(バリケードのこと)*1として知られている。

釣り合ってる?今日は戦闘機がサンクリストバル上空を飛んでいた・・・拳銃すら持っていない子ども相手に

 バリケードを張るのは、民兵コレクティボスと国家警備隊の制圧に果敢に立ち向かうときに、そこが抗議するための正当な空間であると主張するためだ。国家警備隊が主に使用していた武器はこれまでのところ、ゴム製の鹿弾で、これは非常に痛いが、至近距離で使用されない限りは、致命傷となることはほとんどない。私が話した一人の話では、ゴム弾の傷は地元民の間ではとてもありふれており、一つもない人の方が珍しいという。彼は大げさに言っているのかもしれないが、彼らが疲れ知らずの恐れ知らずで、容易に思いとどまらすことはできない抗議運動の参加者であるというのは本当だ。彼らは追い散らされてはまた再開し、それをまた始めから繰り返す。彼らの前ではカラカスの学生など試合前の激励会の子供たちみたいに見える。

過酷な制圧の夜をさらにもう一晩過ぎた後、今朝目覚めたらサンクリストバルは武装地域となっていた。政府側と抗議運動側の戦闘のほとんどが行われていたアヴェニーダ・カラボボは荒れ廃てていた。燃やされたゴミの山が通りに一列に並び、瓦礫や残骸が空になった催涙弾の殻と一緒に散らばっていた。

今日、マドゥーロの脅しと国家警備隊の配備にも関わらず、抗議運動に参加する人々の集団はすでに午後にはバリケードを設置している。時に人気のない通りの静けさを戦闘機の轟音が破り、鍋やフライパンを叩いて抗議する音が鳴り響く。

複数の目撃者が報告するところによれば、市の郊外に最近飛行機で到着した兵士の大規模な集結が見られ、夜に紛れていかなるメディアも記録できない状態でバリケードを破壊するため、日暮れまで待機している。内務省は抜かりなく地元のジャーナリスト達に対して今夜の抗議を取材する事を警告している。

街は緊迫した休止状態にあるが、また夜がくればそこは戦闘の中心地となる。

(*1グアリンバとはバリケードのことでベネズエラ特有の言葉です。他の部分も少し手直ししました2月22日)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中