独裁政権に踊らされた東大のベネズエラ音楽楽団

今年3月、ベネズエラはここ十数年で最悪の学生運動に見舞われていました。
そんな中、日本人の楽団がベネズエラ国営メディアに突如姿を表します。彼らの名はエストゥディアンティーナ駒場(略してEK)、東京大学教養学部の全学体験ゼミナールの講座「ラテンアメリカ音楽演奏入門」、通称ラ米ゼミ修了生によって編成された楽団です。
彼らは現地でセンセーションを巻き起こし、テレビを見たファンがサインを求めて押し寄せ、ツアー最後には、チャベス時代に大統領の右腕として政府プロパガンダの基礎を作りあげた張本人、観光省アンドレス・イサラ大臣と同じステージに立つまでになります。

この日本人達は、国際的な批判が高まるベネズエラ政府の加勢にやってきたチャベス主義を信奉する夢想家なのか?あるいは、純真だったために政府の煽動に気付かぬまま、たやすく利用されてしまった「役に立つ馬鹿 」なのか?
これは東大のベネズエラ音楽楽団エストゥディアンティーナ駒場メンバーによる、2014年ベネズエラツアーの実態に迫るレポートです。

(以下敬称略)


突如現れた日本人ベネズエラ音楽楽団

音楽が始まった。曲名は「エロルサの祭」。
ベネズエラの伝統音楽、ホローポの有名な楽曲だ。演奏に合わせてカラフルな衣装を身にまとったベネズエラの子ども達がダンスを踊る。 彼らは観光省の主催するエロルサの祭に出演していた。

日本人の奏でるホローポのリズム。この珍しい楽団はYoutubeを通じて話題を集め、2012年にはベネズエラでバイラルになった。
そして今、エストゥディアンティーナ駒場、通称EKのメンバーは、ベネズエラ東部の町エロルサにいた。

音楽は軽快だ。それに小さなダンサー達の愛らしいこと。
歌の後でベネズエラ国営放送VTVの生中継インタビューが始まる。
「どうしてベネズエラ音楽なんでしょうか?」
ジャネーロ風のカウボーイハットを被ったリポーターの質問に、Tはさっと話題をそらし、メンバー紹介を行い、ベネズエラでの体験を話し出した。
続いて振られたMは
「ベネズエラの音楽は素晴らしいです。もっと若い人や子ども達にもベネズエラ音楽を知って欲しいですね」
とスペイン語で熱っぽく語る。

私の胸の鼓動が高まる。生放送があったのは3月19日だ。

この1ヶ月、ベネズエラでは毎日のようにデモが起きており、国全体が以前と全く異なるレベルの暴力と混乱に陥っていた。
数週間前には、在ベネズエラ日本大使館で予定されていたカラカス日本文化週間のコンサートも中止になっていたはずだ。
でも彼らは、現実に、そこにいた。

ライブ映像に貼り付いた“永遠の司令官ウゴ・チャベスに捧げる2014年エロルサの祭”というテロップ。
よりによって東大生が、なぜ?
しかも、ベネズエラ政府広報の旗艦メディアで生中継?

私は混乱した。

チャベスのTシャツを着た歌手は、これを着てベネズエラの国営放送に出演するのと、学園祭でチェ・ゲバラのTシャツを着て歌うのと、意味も重みも全く違うことを分かっているのか?
大学側は、政府に利用されていることを分かった上で、学生達がこの生中継に出演するのを許可しているのか?
この若者達はチャベス信奉者なのか?

次々と疑問が湧いてきた。

食料不足が言われる現地で、彼らは何を食べているのか?
トイレに行ったらトイレットペーパーがなくて驚いただろうか?
彼らと違い、デモに参加する学生達には、こうして国営メディアで自分の意見を表明する機会が一切与えられないことを、彼らは知っているのだろうか?
そもそも、ベネズエラのメディアについて彼らはきちんと説明を受けたのだろうか?

全く意味が分からなかった。

ここから私の調査が始まった。

歓迎される日ベネ文化交流

2014年3月1日、四弦ギター、クアトロ奏者のTと、歌手のKは成田空港を発った。Tは東大教養学部、Kは法学部の学生だ。二人は卒業を控えており、卒業旅行も兼ねた「日ベネ文化交流」コンサートツアーだった。
最初の目的地は、ベネズエラ南東に位置するエルカジャオ、ベネズエラで最も有名なカーニバルが開かれる町だ。彼らはそこで現地のカリプソ・チームの一員として迎えられていた。

それ以降、二人は行く先々で熱狂的な歓迎を受ける。普段ほとんど見かけない日本人が、ベネズエラ伝統音楽を巧みに演奏する姿はユニークだ。人々は惜しみない歓声を送り、地元メディアはこぞって彼らを取り上げた。

3月15日、EKの社会人メンバーが合流する。Mと本篠晴一郎である。Mは一般企業に勤務する傍ら音楽活動を進めるマラカス奏者で、本篠は元NTTドコモモバイル社会研究所の副主任研究員、現在は法政大学経営学部兼任講師のクアトロ奏者だ。

ツアーメンバーが揃ったところで、彼らは一路エロルサに向かった。
エロルサの祭は、毎年3月19日、町の守護聖人サン・ホセの祝日に行われる。

19日の午後、カラカスでは、ベネズエラ中央大学の建築学部に集まっていた十数人の学生が政府系武装集団によりリンチに合っていた。もちろん、この件について政府系メディアは一切報道しない。 学生達が身体的にも精神的にもずたずたになって帰途についた頃、エロルサからのEKライブ生中継は始まった。

この頃から、エストゥディアンティーナ駒場は自分達の活動は非政治的なものであり、楽団の活動は「日ベネ文化交流」である、と主張するようになる。 しかし、チャベスがデザインされたイベントのロゴや、宣伝用の#FiestaEnElorzaPorChavez(チャベスに捧げるエロルサの祭)というハッシュタグを見る限り、エロルサの祭は「非政治的」にはほど遠い。
ここでは、音楽も政治の道具であり、民衆音楽すら国営化されているのだ

混乱を増すベネズエラの状況

この「日ベネ文化交流」の責任者は、エストゥディアンティーナ駒場の創設者で、東大教養学部で「ラテンアメリカ音楽演奏入門」を開講している東京大学准教授、石橋純である。

今年の2月19日以降、ベネズエラで大規模なデモと政府の組織的な制圧が始まると、石橋はベネズエラ文化の専門家として、ベネズエラ情勢に関する見解をFacebookやTwitterを通じて発信していた。ちなみに、彼は2004年にベネズエラ中央大学に留学経験もある。

2月23日、石橋はFacebookに次のような投稿を公開している。これはEKのページでもシェアされていた。 石橋 純 - ベネズエラ情勢
確かに、事が始まった2月19日直後、ベネズエラ情報はかなり混乱していた。 通りにはバイクの走り回る轟音と人々の叫び声が響いていたが、長年の検閲の結果、ベネズエラ国内のテレビには、自分達の周りで何が起きているのかを伝える報道はない。人々はTwitterやWhatsApp、Zelloに頼って情報を得るしかなかった。
当然、多くのデマも飛び交った。

軍の装甲車

チャベス派の援護にやってきた軍の装甲車が、マンションの駐車場に侵入

しかし、このブログでも伝えてきたように、戦闘機が街の上空を飛び軍の装甲車が通りを走り回って市民を威嚇し、国家警備隊の市民に対する暴力が人々を怯えさせ、不法に逮捕され、中には拷問を受ける人々もいたのは本当だ。ヒューマンライツウォッチも詳細な調査を行い、その事実を証明している。

もちろん、石橋個人が、ベネズエラの実験的な社会主義革命を支持しようと、それは彼の自由だ。
彼の提供するベネズエラの情報が古すぎて、ただの誤情報でしかなくても、フォロワーは気にも留めないかもしれない。
彼の言うところの、「新右翼的イデオロギー」や「米国中心の世界秩序を是とする」反政府の立場から発信された情報はデマと考え、ヒューマンライツウォッチの報告すら「ベネズエラ政府と敵対関係にあるために政治化されたNGO」によるものだとして無視する権利が、彼にはある。

問題は、彼がベネズエラ政府の主張とそのレトリックを踏襲しているにも関わらず、自分とエストゥディアンティーナ駒場の立場を、あくまで非政治的と位置づけている点だ。
さらに悪いことに、石橋のベネズエラ情勢に対する誤った認識は、現地でツアー中のEKメンバーが予期せぬ事態に巻き込まれる危険性を格段に高めていた

ちなみに、3月20日、外務省はベネズエラの渡航情報(危険情報)を「十分注意してください」から「渡航の是非を検討してください」に引き上げている。また、以前よりデモや集会が行われている場所では政府派と反政府派の対立に巻き込まれる恐れがあるので、近づかないようにという忠告が出されていた。

EKの主張する非政治的な活動とは

あるいは、このような状況でもツアーを断行できたのは、ベネズエラの文化省と観光省の後ろ盾があったからだろうか?

EKを取材したウルティマス・ノティシアス紙に確認したところ、「日本人達をスタジオに連れてきた現地コーディネーターと見られる人物が、EKの活動は文化省のサポートを得ているとこぼしていた」という話だった。

エロルサでのライブ生中継の後、チャベス派の人達のEKに対する興味は一気に高まったようで、その後すぐにVTVや政府の文化放送ネットワークViVeでも収録を行い、立て続けに政府系メディアに取り上げられている。

そして、政府系メディアへの露出が増えた時点で、EKのTwitterアカウントは、慌てたように「自分達は日本でベネズエラ大使館と協力し、時には独自に、ベネズエラ文化の普及に努めている」、「EKの活動は非政治的なもので、政府系メディアのみならず反政府系メディアにも出ている」といった弁解のツイートを公開している。

EKのベネズエラツアー終了後、私は直接話を聞こうとツアーメンバーにコンタクトを試みた。
EKが政府系メディアばかりに露出していた点について尋ると、Skypeインタビューに応じてくれたKは
「私達はあえて政府系メディアだけを選んだわけではなくて、EKの活動に関心を持ったのが単に政府系メディアだけだっただけです」
と話した。

また、Kは、EKが政府を支持しているのを見てがっかりしたというコメントが一部寄せられたことを認めた上で、次のように話した。

「ですが、人がどう言おうと、エストゥディアンティーナ駒場の活動はアポリティカル(非政治的)です。政治活動に関わるつもりもありません。確かに、個人的な思想や政治的な考え方はあるかもしれませんが、団体としてはありえません」。

EK側が必死に自分達の活動は非政治であると主張している頃、EKファンサイトの管理人は、投稿に対して“政治的な”コメントを書き込む人々に警告し、そのコメントを削除するのに忙しかった。
管理人の言い分としては、「彼らの活動は非政治的なのだから、全ての政治的なコメントはファンサイトから検閲されねばらない」ということなのだろう。
皮肉にも、この検閲によって、EKファンサイトは余計に政治色を帯びてしまっていた。

楽団を利用するベネズエラ政府

3月21日、EKメンバー4名は、コンサートツアーを締めくくるため、ジャノ地方からカラカスに戻ってきた。カラカスでは多くのライブやインタビューが待っている。
エロルサでの生中継を機にEKは一躍有名人となり、バス乗り場では、この学生楽団一行を見かけた人々が、アイドルさながらにサインや写真撮影を求めて人だかりを作った。

3月22日、EKメンバーはカラカスで単独ライブを行う。

Multitudinaria marcha de la oposición en Caracas (lapatilla)

lapatillaより

この日、カラカスでは大規模のデモがあった。前日21日にバレンシアとサンクリストバルで市民が射殺され、抗議運動に絡んだ死者が33人になったことがきっかけだ。
しかし、それは彼らの目に全く入らなかったようだ。(当日の写真はここで見られる。)

だが、普通、これほど大きなデモ行進に全く気付かないなどありえるだろうか?

ベネズエラでは十分ありえる。
政府に繋がる人物と行動を共にし、政府系メディアにだけ触れていれば(政府系メディアはこのようなデモを一切報道しないので)、EKメンバーが通りを埋め尽くしている何万人もの人に気付かなかったとしても驚かない。
政府の視点を通してベネズエラを見れば、反政府運動など存在しないも同然なのだ。

3月24日、EKメンバーは国営放送VTVの文化番組“Contraste”のため、国営電話会社CANTVの講堂でライブを行う。このイベントは『司令官へのオマージュ:永遠なる偉人ウゴ・チャベスへ敬意を表し、素晴らしきベネズエラ音楽を視聴者と共に楽しむ』と題されていた。

Mは、このCANTVでのライブについてFacebookに次のような投稿を公開している。

昨日のコンサートの映像。こんなに歓迎されるなんて夢にも思わなかった。 歌詞に合わせて響く拍手と演奏後も鳴り止まない歓声。EKの活動の文化的意義を再実感すると同時に今後のミッションへの思いも新たになりました。もっと多くのベネズエラの人々と感動を共にしたいな。 素晴らしい体験だった。忘れられそうにない

そして、その様子はVTVのInstagramページでも公開されていた。
Instagram_vtv8
VTVがエストゥディアンティーナ駒場に求めていたものが、まさにチャベスを支持する人々の一部としての日本人のイメージだったことは容易に想像がつく。EKの意図とは裏腹に、これがベネズエラ政府の意図する日ベネ文化交流というわけだ。

ボリバル革命のプロパガンダの生みの親も参戦

minturalbacaracas3月26日、ついにエストゥディアンティーナ駒場はツアー最後のコンサートを迎える。

会場はホテル・アルバ・カラカス。元はヒルトンで、2010年に政府が没収、今は多くのキューバ人エージェントが滞在するホテルとして有名だ。

観光省はこのライブの告知映像まで制作した。ここまで政府が積極的にプロモーションするのは、これが、マドゥロのプロジェクトである“平和のためのコンサート”の一環だからだ。
前日25日に行われた“平和のためのコンサート”では、皮肉にも政府側で反政府派で衝突が起き、銃撃による負傷者も出ていた。EKがこのような事件に巻き込まれなかったのは、運が良かったというべきだろう。

ライブ当日は、観光省大臣アンドレス・イサラ自らがステージに立った。イサラのスピーチを神妙な面持ちで聞く元東大生達の真剣な表情を、カメラマンは見逃さなかった

このライブの様子を伝えるビデオの中で、ベネズエラ人ミュージシャンは、世界規模(この場合は日本のことだろう)でのベネズエラ音楽の成功はチャベスの栄光によるものだと話している。
「チャベス司令官と、テレスールの視聴者のおかげで、ベネズエラは台風の目になっているんです。そしてその影響力は世界中に広まっています」。
彼の言い回しは、過激なチャベス主義信奉者のレトリックそのものだ。これは一種のコードであり、政府の言説を聞き慣れた人間であれば、すぐにピンとくる。

その後のTの発言は、ベネズエラ音楽の普及に努めたい、日本とベネズエラの文化交流を促進したい、という内容だが、後に続く大臣のスピーチで、これもチャベス主義のレトリックにまとめられてしまう。

インタビュー時のKの話し振りでは、彼らはアンドレス・イサラがどのような人物か想像もつかないようだった。おそらく、EKメンバーにとっては、イサラはただの大臣で、現地で知り合った他のベネズエラ人と大差なかったのだろう。

イサラ大臣とEKメンバー

神妙な顔つきでイサラの話を聞くEKメンバー

しかし、アンドレス・イサラは、チャベス大統領の下で通信・情報大臣に3度就任し、一時期は通信・情報大臣とテレスールteleSurの局長まで兼任していた人物である。チャベス時代には、政界のナンバースリーとも言われた実力者で、政府のプロパガンダシステムの基礎を作り上げた、ボリバル革命におけるゲッベルスとも言われる人物だ。
最近も、「ベネズエラの高い犯罪率はメディア戦争によって作られた認識だ」と発言し、物儀をかもしていた

このような文脈で、イサラと共に取り上げられては、EKはどうしてもチャベス主義者に見えてしまう

国営メディアのもつ威力

2014年3月の数週間、国営メディアだけに触れている人々にとって、この突如現れた日本人の楽団はちょっとしたセンセーションだった。
EKには素晴らしいゲストミュージシャンとの共演がお膳立てされ、テレビや新聞の注目を集め、アイドルのようにファンから声援を受け、大臣まで挨拶にやってきた。

問題は、EKのメンバーが、ほんの少しでも、なぜ自分達がこれほどにもてはやされるのかについて、考えもしなかったという点だ。

エストゥディアンティーナ駒場がベネズエラで人気だって?
あなたの友人であるベネズエラ人は誰からその情報を得たんだ? あなたの友人は、平素熱烈な政府派じゃないか?

政府に反対する何千人もが逮捕され、何百人もが暴行を受け、数十人が殺される中、ベネズエラ国営メディアは、その事実を覆い隠すための世界中の人々が自分達を支持していることを見せられる、ちょっといい話を、躍起になって探していた。

政府にはEKのプロモーションを積極的に行う動機が十分すぎるほどあった。
そしてこの純真で無知な日本人楽団は彼らにとって完璧だった。

そして、これこそSiBCI(ベネズエラ国営通信情報制度)の威力なのだ。何が重要で、何が文化であるかをコントロールする権力、そして政府の暴力行為を隠すため、即席の国民的アイドルを作り上げることができる権力である。

ベネズエラ音楽楽団の無関心、好奇心と想像力の欠如

この数ヶ月間、私はできる限りの情報を集め、EKが政府の音楽政策に積極的に参加しているのか、単に自分達の理解していない力によって操作されていたのかを見極めようとしてきた。
そして、最終的に、彼らに政治的な意図はなかったと確信するに至った。
この楽団は、マドゥロのプロパガンダの共謀者になるつもりなど、全くなかったのだ。

Kは、ベネズエラの現地の状況について
「もちろん、危ないといえばどこも危なかったです。ベネズエラですからね。でも、私達が向こうにいる間、言われているような戦争みたいな状況は全くありませんでした」
と話していた。
私は彼の言葉を疑わない。

ある人はデモ行進に参加し、別のある人は参加しない。
政府により暴行を受け拷問を受ける学生もいれば、無事な学生もいる。
いつものように静かで穏やかな通りもあれば、過激な反政府派によってバリケード封鎖された通りもあるだろう。
全ては何を見ようとするかで変わってくる。

我らがベネズエラ音楽楽団のメンバーは、独裁政権を積極的に支持したという点を咎められるべきではないだろう。彼らにそんなつもりはなかったのだから。

もし彼らに非があるとすれば、それはもっと哀しいものだ。
それは、自ら訪れ、日本を代表して文化交流を行おうという国に対する好奇心と想像力の欠如であり、自分達の演奏する民族音楽を生み出した社会に対する徹底的な無関心である。

日ベネ文化交流を標榜し、英語もスペイン語も話す東大のグローバルエリート達の、ここまでの無知と無関心にはぞっとすると同時に、ただ残念と言う言葉しか出てこない。

日本に帰国したメンバー4名は、この先ホローポを演奏するたびに、ベネズエラでの素晴らしく有意義で熱い体験を懐かしみ、若き日の冒険として周りの人間に語り続けるのだろう。
そして、おそらく、今まさに成立しつつある南米で最も新しい独裁国家において自分達が果たした役割を、決して認めることはないだろう。

(今回、私はEK関係者にこの記事の草稿を送りコメントを求めたが、返答は得られなかった)

広告

独裁政権に踊らされた東大のベネズエラ音楽楽団」への4件のフィードバック

  1. 東大系のサークルは、東大ピアノの会が中国共産党支持宣言をやらかして過去の歴史の焚書を宣言したという事件を起こしたこともあり、こういう共産主義の殻を被った活動には脆弱なのかもしれません。
    民青や中核派、(左翼ではありませんが)原理研といったあからさまな危険性を持ったキーワードは東大生なら誰でも分かりますが、たとえば個人崇拝をベースに立ち上がったフォイヤーヴェルク管弦楽団が民青と組んで政治活動やって東大から追放された、といった事案もあり、なかなかOBとしても頭が痛いところです。

    いいね

    • 私自身は、この東大の活動自体は共産主義の活動ではなく、純粋にベネズエラ文化を伝えるものの一環だと考えています。
      ただ、現在のベネズエラでは(ドゥダメルの件でも散々コメントしていますが)本人が共産主義に無関心、無関係を主張しても、政府となんらかの関わりを持った時点で、政府のプロパガンダに組み込まれてしまいます。ベネズエラについていくら無知だとはいえ、さすがにこの点はエストゥディアンティーナ駒場の認識が甘いのではないかと思います。
      もちろん、EKを率いる石橋氏はベネズエラの社会主義革命にシンパシーを持っておられるようなので、この点を生徒にきちんと伝えずに、学生を巻き込んでいるのであれば悪質だと思いますが。

      いいね

  2. 衝撃のレポート、驚きながら読みました。大学生ならば、芸術が非政治的であり続けられるはずがないこと、それが時として否応なく帯びてしまう政治的含意に敏感であってほしいものですが……
    彼らだってどこかの時点で気付いていたはずだ、というのがせめてもの希望的観測です。その上でしらを切り通した、と考える方がまだ救いがあるように思えます。

    いいね

    • コメントありがとうございます。
      私も、彼らは薄々は気付いていたと思います。でも、ベネズエラ現地にいて政府関係者などに取り囲まれていたり、友人が政府支持者であれば、その場ではっきりとノーと言って断ることは、ほとんど無理だったのではないでしょうか。
      そのようなことは、ベネズエラの現状を知っていればある程度は想定できたと思うので、出発する前にもう少し踏み込んで考え、「せっかくの機会だけど今回は断念する」という勇気を持てれば良かったのに、とも思います。
      いずれにせよ、私はベネズエラと日本を繋ぐ役割を担う彼らに期待していた部分も多かったので、残念です。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中