ベネズエラの食料不足の仕組み

ベネズエラが外貨不足のために輸入ができなくなり、食料不足になる仕組みは、前回の記事で詳しく紹介しましたが、あまりに突飛なことなので、中には戸惑った読者の方もいたかもしれません。中にはその背景にあるベネズエラの食料輸入の仕組みそのものに馴染みがない人もいたと思います。

そこで、輸入と食料不足の仕組みを図にまとめてみました。ここで使っている数字はわかりやすくするために当てた仮定のものです。ただ、政府が海外から食料を輸入する際、かなりの高値で買っているのは本当です

ベネズエラが食料不足になる仕組み.001

ちなみに外貨不足からベネズエラの支払いが滞っていたため、先月末、食料の輸入先のウルグアイで、農家による大規模な反ベネズエラデモがありました。お前ら、金払えや!というわけです。

政府は物不足を引き起こす悪者として、ベネズエラ国内の商品をコロンビアに密輸する人々を批判してきました。ですがこのベネズエラ経済の仕組みを考えると、政府の価格統制によって職を失った貧しい人々が生き延びる方法として「そりゃ、密輸もするわ」と言わざるを得ません。

とにかく、政府が外国で高く買ったものを、国内で安く売り、それを購入した国民が輸出して国外で売りさばく、という冗談みたいなことが起きています。

さらに、密輸せずとも、スーパーで安い商品を買い占めて、闇市で高値で密売する人は増える一方です。政府はこの転売屋も批判しますが、問題は転売屋ではなく、チャベス派政権が作り上げた経済制度そのものにあるということが、政府にはなかなか理解できないようです。

有利なレートを使ったアービトラージ取引は、ベネズエラの深刻な汚職の温床であり、ベネズエラ経済の歪みの原因でもあります。書類上で輸入したことになっている物の量に比べ、実際に入ってくる物が少ないというのも問題です。まずはこの点がきちんと是正されない限り、物不足を解消するのは難しいでしょう。

ベネズエラの食料不足の仕組み」への5件のフィードバック

  1. 凄く分かりやすいです。でもすごく分かりやすいだけに「これはひどい」としか言いようがありません。なんて体を張ったギャグなんだ(汗)

    いいね

    • ありがとうございます。
      体を張ったギャグというのは、本当にその通りだと思います。ギャグに振り回される国民はたまったものではありませんよね。

      いいね

    • うーん、確かにナイジェリアなどは経済のベネズエラ化が懸念されているようで、そういう報道もありました。でも戦争が起きているわけでもないのに、政策の失敗からこのような状態になるというのは普通ではありえないので、そう簡単に増えるとは思えません。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中