ベネズエラへ旅立つ前に知っておくべき10のリスク

angel

ベネズエラは現在、非常に特殊な状況にあります。人道的危機のただ中にあり、国民の8割が満足に食事もできず、飢えに直面しています。にもかかわらず、この危機的状況に伴うリスクについては驚くほど知られていません。ベネズエラ在住の日本人やベネズエラを知る日本人の多くは、このことを危惧しています。

そこで今回は、ベネズエラ渡航を考える人が事前に知っておくべきリスクについて説明します。

そもそも治安の悪さとは何か

ベネズエラの首都カラカスは2015年の世界の最も殺人が多い都市ランキング50の第1位で、その他7都市がランクインしています。

現地在住の日本人によれば、ここ数年で他の国の企業同様、日本の石油関連企業や自動車会社も次々とベネズエラから駐在員を撤退させ、数年前まで300人程度いたカラカスの日本人会も現在数十人程度にまで減少しているそうです。
日本企業に限らず、近年大量のベネズエラ人やベネズエラ在住の人の多くが治安の悪化や生活苦から、もうこの国では暮らていけないと感じ、耐えきれなくなって国を出ています

重要なのは、ベネズエラの危険さは、「強盗にあったら抵抗せずに金品を差し出す」とか、「金目の物を身につけない」などの旅行者の知恵で対処できるリスクではないということです。

ベネズエラの状況をその他の南米諸国での治安の悪さの延長として考えることは、ベネズエラにおけるリスクの過小評価につながります。

ではベネズエラのリスクとは何なのか?
簡単にいえば、社会にルールが存在しないことです。無法地帯なのです。

(↑略奪に参加する国家警備隊)

1. 外出は危険

多くのベネズエラ人は身を守るため、むやみに外出するのを控える、移動には車を使うを徹底しています。

昨年、長年住んだベネズエラを離れた小谷さんはこう言います。

個人的には40年近く住んでコソ泥以外恐ろしい目に遭ったことはないが、家の周りは有刺鉄線を巡らせ警報機、番犬、必ず誰か留守番を頼んでいる。外出する時は目立たない恰好に運動靴、最低限の物だけを身に付け、行く場所の状況をTwitterで調べ、用事を済ませると一目散に帰宅するがそれだけでも精神的にくたくたになった。治安が帰国した一番の理由だった。

世界で最も危険な都市と言われるカラカスですが、今でも若者が夜にパーティーなどをしているのは事実です。彼らは、例えば休日前は外出しない、予備の携帯を用意する、携帯は持ち歩かないなど身を守るための持論を展開していますが、内心、それがただの気休めで、自分に嘘をついているだけだとわかっています。安全ではありません。

2. 国境付近

国境は武装した組織犯罪集団(軍、国家警備隊、ギャングなど)がいるため、概して危険です。

港では軍が食料の密輸などを大規模に行っており、空港では強盗が頻繁に起きています(昨年カラカスの空港で強盗に抵抗して殺されたエジプト人ビジネスマンがいました)。

コロンビアとの国境はガソリンや麻薬の密輸を行なう軍やギャングのテリトリーです。
ククタからの出入り口タチラ州は2014年以降、引き続き頻繁に反政府派の抗議運動が起きており、軍の出動、道路の閉鎖死傷者が出るような衝突がしばしば起きていて、政治的に不安定です。

近年は頻繁にコロンビアとベネズエラの国境が閉鎖されています。

一方、ジャングル近くでは、食料不足の影響で、違法で危険な金の密採掘に参加する人が増えています。1年前のトゥメレモの虐殺事件では、20名弱のバラバラ死体が発見されました。採掘にはギャングだけでなく軍も関わっているという噂で、詳細は不明のままです。当時はこの影響で、国境付近の街からカラカスへ通じる一部道路が閉鎖されました。
またこれらの貧しい採掘者がジフテリアの感染源の一つになっており、薬不足と食料不足から貧しい子供たちが命を落としています。

またブラジルとの国境では、生活苦や薬不足から違法にブラジル入りする人が後を経たず、ブラジル側の医療対応が困難になるなどの影響が出ています。

このような中で、国境はいつまた閉鎖されるかわかりません。

3. 車での長距離移動

食料不足のベネズエラでは、ここ数年、食料を積んだトラックなどが高速道路上で襲撃される事件が相次いでいます。混乱の中で死傷者も出ています。

そして、この高速道路での追い剝ぎビジネスをしているのがプランと呼ばれる刑務所を本拠地とする囚人ギャングのボスだと言われています。

このように、主要ルートの一部が、すでに国家ではなくギャングの管理下にある中、むやみに陸路を長距離移動するのは賢明ではありません。また、襲撃現場に居合わせなくとも、襲撃やストライキ、抗議デモの影響、自然災害で道路が封鎖されることもよくあります。

ついでに言えば、ベネズエラのギャングは国軍から流れた機関銃や手榴弾などで武装しているため、警察の装備では火力的に太刀打ちできません。ちなみに2017年の最初の2ヶ月間に、カラカスだけで19名の警察官が殉職しています。

4. 闇両替は犯罪です

ベネズエラ在住の日本人の話では、最近は両替トラブルにあって現地の人に助けを求めるような無責任な旅行者が増えているようです。

カラカス空港では、外国人旅行会社に対して闇両替を行なっていますが、2016年になってからトラブルが目立つようになりました。
以前はただ言い値で両替し、その場で札束を手に入れるという方法でしたが、最近の空港職員は闇両替役と空港職員役に分かれて、闇両替役が旅行者と両替した後、空港職員役が現れて「ドルの両替は違法だ、こっちに来なさい」と旅行者を空港の別室に呼び出し、ドルやボリバルを没収するというものです。
このような被害に遭ってカラカス空港にて有り金全てなくなる日本人が2016年夏以降増え、私やベネズエラ人パートナーに誰か経由で連絡が来ることが立て続けにありました。

つい数日前も、『ATMで現金下ろせないのを知らず、40$しか持ってません』という若い学生の女の子から電話がかかってきました。

ベネズエラは両替事情は刻々と変化しています。現在は紙幣不足のため、物理的に生活に必要な額の紙幣を集めることが困難です。昨年末 には100ボリバル紙幣使用停止の大混乱から略奪もありました。新しい高額紙幣の存在は確認されていますが、問題解消には至っていません。

誰もがやっているとはいえ、法律の黒白が曖昧な状況で、闇両替というあからさまな法律違反を犯すことは、相手につけいれらる隙を作るという意味で、非常にリスクが高い行為です。

5. シャレにならないゆすり

旅行者に限らず、ベネズエラに暮らす人なら警察や当局の人から賄賂を要求されるのは日常茶飯事です。そこで外国人が歩くATMとしてターゲットにされるのは言うまでもありません。

そもそもベネズエラでの逮捕の目的は、恐喝や人質確保の場合が多いです。(刑務所のプランは囚人を人質にその家族から生活費という名の身代金を要求し、払えないと囚人が拷問を受けたり、食事を与えられなかったりします)。また精神障害を発症したスペイン語を話せない外国人が逮捕された事例もあります。

逮捕の目的が犯罪の取り締まりではない以上、どんな理由で目をつけられるかわかりません。多くの殺人者が野放しの一方で、恋人に会いに来ただけで証拠をでっち上げられて投獄され、8ヶ月経った今も捕えられたままのアメリカ人旅行者もいます。

そして、ひとたびベネズエラに入ると、闇両替、闇市での食料品や医薬品の購入、政府の不都合な情報のツイートを含め、誰もが違法行為に何らかの形で関わってしまいます。誰も安全で潔白な被害者ではいられませんベネズエラ経済や社会の歪み、独裁政権の共犯者とならざるをえない。これが無法地帯ということです。

刑務所に入れられると、とにかく厄介です。昨今、「逮捕するぞ」という脅しは、ベネズエラ人にとっても旅行者に取っても看過できないリスクとなっています。

6. 犯罪は表に出てこない

ベネズエラの治安というと殺人が注目されますが、圧倒的に多いのは強盗と身代金目当ての誘拐です。その場で金品を取られるだけならラッキー。数時間拘束されるだけのエクスプレス誘拐はかなり頻繁に起きている上に、下手すると殺されるので注意が必要です。

さらに、誘拐は特殊な例でない限り、あまりニュースになりません。ありきたりなのもあるでしょうが、当事者が事件を公にしたくない事情もあると思います。問題解決には大金が動きます。インフレで何でも安いとはいえ、命に関わる事件に巻き込まれれば、突如、大金が必要になるのがベネズエラです。

万が一誘拐事件にあった場合は、決して地元警察や国家警備隊には頼らず、CICPCに助けを求めましょう。まだ機能しているようです。

7. 病気や怪我のリスク

ベネズエラの医療事情は悲惨です。医療費無料の公立の病院では、まともな医療が受けられる状態ではありません。もはや医療品不足というレベルではなく、戦争中のような人道的危機状況にあります。このような中で、普通なら助かる人たちが助からず、子供や弱った患者は次々と亡くなっています。

hospital-venezuela

ベネズエラの病院の周囲は軍が待機しており、病院内の報道はとても困難です。そのため、ネット上には誰かが隠れて撮影した病院の写真がたくさん出回っています。

旅行保険に加入していれば普通は私立のクリニックに運ばれるでしょうが、私立病院の状況も深刻です。ただし病院に薬がない場合が多く、治療に必要な薬は自分で持参しなければなりません。薬は貴重なので郵送でも、持ち運びでも、空港でも、盗られる可能性が高く、現金以上に注意が必要です。

旅行保険に入っていてもベネズエラでは必要な時に必要な治療を受けられないリスクがあります。

さらに、ベネズエラではジカ熱やチクングニア熱、デング熱、シャーガス病マラリア急増しています。これらの予防対策は各自行うしかありません。ちなみに、デング熱にかかった場合はバファリンなどのアスピリンは決して服用してはいけません

8. ベネズエラで死んだら

死んで終わりではないのがベネズエラです。現地で日本の旅行保険会社の業務に携わり、エンジェルフォールなどの観光のためベネズエラを訪れた邦人の死亡案件に何度か関わったという日本人の話では、死後の手続きにおいて、あらゆる場面で、為替管理制度や腐敗した役人、警察が障壁になったそうです。いずれも、賄賂なしには遺体を遺体安置所から動かせず、動かせても県境を越える度に賄賂を要求されたそうです。あらゆる手続きに公定レートが適用され、結果的に膨大な費用となったそうです。

このように、ベネズエラへの渡航リスクは目に見えることだけではありません。また、実際にこのような事態に直面したとき、日本の大使館や領事館からのサポートを期待することはできません。

9. 暴動や略奪はいつ起きてもおかしくない

ENCOVI(ベネズエラの生活状態に関する世論調査)によると、ベネズエラでは2016年に貧困層82%(2014年が48%)、うち極貧層が52%(2014年は24% )と急増しています。

そして国民の73%が、自分の意志に反して、平均で8.7kgも体重を減らしているあり様です。

外貨を闇両替できる旅行者がベネズエラで食べ物に困ることはありません。このように、外貨にアクセスできるごく一部の特権的な人々が問題なく食事にありつける一方で、それができない圧倒的多数の国民はますます飢え、貧しい子供たちが危機に直面しているのが現状です。

こうした中、ベネズエラでは至る所で抗議や商店や食料輸送用トラックの襲撃が起きています。またマドゥロがいつまた高額紙幣廃止のような劇的な変化を伴う政策を実施するかわかりません。つまり、街全体、あるいは国全体を巻き込んだ大規模な暴動や略奪がいつ起きてもおかしくないということです。

昨年12月のシウダボリバルの暴動は、まさに地獄でした。このような略奪行為は一度始まると一気に広がり、治安当局には止めようがありません。このときの略奪では中国系ビジネスが狙われ甚大な被害を受けました。暴動になったら見た目の似ている日本人が狙われる可能性は否定できません。

10. 一寸先は闇

昨年10月に大統領罷免選挙の可能性が消え、ベネズエラの政治状況はこれまでと全く異なるフェーズに入りました。ベネズエラの反政府派野党は、チャベス登場以来初めて、「何を達成すれば政権交代できるか」という目標を完全に失ったのです。野党は分裂しており、国民に対して今後の具体的な方向性をなんら示せていません。

同時に、国民生活の窮状、食料不足が2017年に改善する兆しはなく、国民の不満は増すばかりです。

政情は極めて不透明かつ不安定です。クーデターの噂もあります。

どれほど毎日ニュースを見ても、情報をSNSで細かくチェックしても、ベネズエラで明日何が起きるのかは誰にもわかりません。そして、残念ながら、ここにあげた状況は今後悪化することはあっても、現時点で良くなる見通しはまったくないのです。

以上、ベネズエラへの旅行を考える人が行くべきか否かを判断する材料となれば幸いです。

広告

ベネズエラへ旅立つ前に知っておくべき10のリスク」への6件のフィードバック

  1. 今年の3月16日からベネズエラ〜ボリビアを旅行するためチケットを手配していましたが、この記事のおかげでリスクを回避することが出来ました。
    渡航1週間前に送迎の手配でホテルに連絡した時にその返信に違和感を感じ、色々調べていた時にこの記事に出会いました。
    もし渡航直前にこの記事がアップされていなかったら今の自分がどうなっていたのか本当にゾッとします。
    お礼が遅くなりましたが、本当にありがとうございました。
    いつか安全にベネズエラを旅行できる日が来ることを祈っています。

    いいね

  2. こちらの記事、ベネズエラから来た僕の友達数人も、同じことを言っていました。
    日本のメディアに載っていない情報をわかりやすく説明頂きありがとうございます。

    私はベネズエラに行ったこともありませんが、日本からできることはないかと、ちょうど今クラウドファンディングを立ち上げているところです。

    自分自身の周りの友達に現状を知ってほしく、是非、このブログの記事をFacebookにてシェアさせていただけますと幸いです。

    いいね

  3. 昔の特集番組やDVDなどでベネズエラの治安状況など把握してたつもりでしたが、ここまで酷いとは‥。
    「エル・システマ」の子供たちが心配です。

    いいね

  4. すごく分かりやすく現状をお知らせいただき、ありがとうございます。ただ最近の食料事情はたとえ外貨の平行レートであっても決して安いとは言えません。日本並みになってきています。当然国民の貧窮度はピークに達していると思います。なお、現在CNEが政党見直しをしているので、政府の狙いはPSUV一党独裁を達成することでしょう。

    いいね

    • コメントいただきありがとうございます。
      おっしゃる通り、外貨の平行レートでも粗悪品が「国際価格」や下手すると割り増しで買わなければならないという話は聞きますね。下手すれば私の住むモントリオールの方がアリナパンは安く簡単に手に入るくらいかもしれません。

      この記事は、旅行者向けの情報に焦点を当てたので、政治についてはほとんど触れませんでしたが、PSUVの一党独裁は既定路線のように見えます。それと、個人的には軍の動きがかなり気になっています。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中