選挙当日2:有力チャベス派政治家に出てけコール

開票が進むにつれ、今までにない状況が目につきはじめた。注目のチャベス派政治家たちが投票のために地方の自分の投票所に出向いたときに、周囲の人から威圧され、ヤジを飛ばされる動画があちこちから届いているのだ。

ベネズエラ選挙の基本の「き」

12月6日、ついに運命のベネズエラ選挙の日がやってきました。この選挙結果次第で、ベネズエラを中心にここ十数年続いていた南米の左翼政権の方向は大きく転換するでしょう。
とはいえ、一体ベネズエラ選挙とは何なのか、どのようなことが起きているのかは、ベネズエラ人以外では知らない人がほとんどだと思います。そこでベネズエラ選挙の基本を紹介します。これさえ押さえておけば、ニュースや新聞でベネズエラ選挙について報道されても何のことなのかわかるはず!

ベネズエラの選挙で懸念される暴力の激化

11月25日、野党候補のルイス・マヌエル・ディアスが遊説中に射殺されました。ステージ上で殺された彼の横には、政治犯として捕まっている野党指導者レオポルド・ロペスの妻リリアン・ティントリが立っており、実が彼女がターゲットだったのではないかという説もあります。

12月6日のベネズエラ国会選挙に向けて(追記あり)

めちゃくちゃな経済状況に国民がほとほと疲れきっており、マドゥロの支持率がだだ下がり。このような中、今週末に迫った国会選挙に向けてベネズエラでは緊張が高まっています。今回の選挙がチャベス以来16年以上にわたるベネズエラの社会主義時代の大きな転換点となることは疑いの余地がありません。

墓:ベネズエラの政治犯に対する拷問を描いたノンフィクション

ベネズエラのマル・モロン監督による『La Tumba(墓)』は、SEBIN(ベネズエラの諜報局)の拷問部屋で起きていることを描いたノンフィクションの短編映画です。
この拷問部屋は首都カラカスにある諜報局の建物の地下5階、ベネズエラ広場の地下深くにあります。日の光は一切差さず、ずっと白い蛍光灯に照らされて、昼なのか夜なのかもわからない。唯一時間を知る手がかりは1日1度近くを通る地下鉄の音が止むときだけです。

ベネズエラにカラカスクロニクルがなかったら?

カラカスクロニクルの再出発を祝して、最初のゲストライターはモイセス・ナイムです。今年1月Facebookのザッカーバーグが始めた読書会で最初に取り上げられて話題になった『権力の終焉』の著者で、ベネズエラの元貿易産業大臣、フォーリン・ポリシーの元編集長、カラカスクロニクルの長年の読者の一人でもあるナイムの記事を紹介します。

ベネズエラの秘境カナイマ国立公園の惨状

三日の間、カナイマの先住民族のコミュニティ(Kanaimö)は カナイマ国立公園の空港の滑走路を閉鎖した。彼らは違法採掘のせいでユネスコ世界遺産のひとつであるカナイマ湖の一部、カラオ川が破壊され大損害を被っていることに抗議したのだ。

中国のベネズエラ融資の行方

今日(6月19日)のウォールストリートジャーナルに中国国家開発銀行(CDB)に関する興味をひく記事があった。中国のベネズエラに対する融資が、なんらめぼしい結果を出さないまま膨れ上がっている件についてだ。例の、ベネズエラが中国から受けた融資(そのうち約14%は外国債)は約370億ドル(約4兆5000億円)にのぼるが、それが返済されるのかされないのかという話だ。