カラカスの避難部屋から

7ヶ月の女の子の赤ん坊を催涙ガスの影響から守る最善の方法は?この建物の入り口から入ってくる燃えたゴミの山から出ている煙を彼女が吸ったら危ないだろうか?9mm弾は私たちのアパートの壁を突き破ってしまうだろうか?この人が沢山住んでいる中産階級の住居エリアで、来週の分の家族の食料を見つけられるだろうか?それとも非常食を用意するべきだろうか?

サンクリストバルが崩壊する

ジミー・ヴァルガス34歳はデリカテッセンでの仕事からいつものように帰宅途中であった。彼が働いているモールを国家警備隊が包囲していたのを見て、彼は、ビルの2階に向けて警備隊がやたらめっぽう発砲する催涙ガスとゴム弾から避難する場所を探した。
たった一度、何が起きているのかを見ようと外を覗くタイミングを誤ったのが命取りになった。

ベネズエラの抗議運動 FAQ

これらの抗議運動はいつ始まったの?

2月2日、サンクリストバルのロスアンデス大学の学生が通りに出てきました。政府側の高圧的な反応のため、抗議運動はすぐに他の大学の学生からのサポートを得て、それが今では特に(とはいえそれが全てではないのですが)中産階級を中心としたの多くの他の市民組織にまで拡大しました。多くの大都市といくつかの小さな都市で、今は毎日のように抗議運動が見られます。

全てが始まった場所

ベネズエラのどこよりもひどく最近の暴力が襲いかかったのがサンクリストバルだ。アンデス山脈の北側に位置する人口65万人の街。現在の抗議デモの発作は18日前にここで始まった。

19F

今夜、ベネズエラは、1989年から起こったことのいずれにも似つかない暴力の発作を目にしている。完全な情報統制が敷かれているため、情報は断片的だ。しかし近所の住民の叫び声を聞くのにメディアは必要ない。