サンクリストバルが崩壊する

ジミー・ヴァルガス34歳はデリカテッセンでの仕事からいつものように帰宅途中であった。彼が働いているモールを国家警備隊が包囲していたのを見て、彼は、ビルの2階に向けて警備隊がやたらめっぽう発砲する催涙ガスとゴム弾から避難する場所を探した。
たった一度、何が起きているのかを見ようと外を覗くタイミングを誤ったのが命取りになった。