殺されるという恐怖

19日水曜日午後8時1分、友人からメッセージが届いた。(WhatsAppだったから時間は正確だ。)
「コレクティボは平和の人々だと言う人達へ。ハエ一匹殺せない弟が建築学部で彼等に襲撃され暴行を加えられた。」

友人の弟はそれについて何も話をしたくないと言った。その気持ちはわかる。だが他の学生の一人はそのことについて「いつでも話せる」とメールをくれ、他の学生も「話す心づもりはできてる。何でもきいて」というメールをくれた。

母達への手紙

ベネズエラの若者たちは今街頭に出て、この息詰る現状に対し抗議し希望を持てる将来の国のために闘っている。我々は一人ではない、何百万人という人々が共に街に出て心から応援してくれている。そうだ一人ではないのだ、各人に母親という最大のインスピレーション、最高の勇気が一緒だからである。一人の若者に一人の母親があり、無条件の母子愛があるからである。